とある歴クラ見習い審神者の備忘録

調べたこと・面白かったものと、自分が調べるときにあったら便利だったなと思うまとめを置いておく場所

五寸釘ナイフ作成体験@関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館の講座「刀匠直伝 オリジナルペーパーナイフ作り」に行ってきました。

五寸釘でペーパーナイフつくるの、昔からあこがれだったんですよ。
小学校のときに読んだ本に(今回の体験より簡易的なのだけど)作り方が載ってたものの、五寸釘なんて身近にはなくて……
あ、載ってた本はたぶん「冒険図鑑」か「遊び図鑑」だと思います。あるいは同じシリーズの別の本かも…?子供のころすごく好きだったんですよ。

続きを読む

徳美「合戦図」と土曜講座「 文化財を守るということ」

いつものごとく徳川美術館に行ってきました。
今の展示「合戦図―もののふたちの勇姿を描く― 」は特別展ということで、友の会だと会期中1回しか入れないという制限があります。
友の会 | 会員制度、活動支援基金 | 美術館について | 名古屋・徳川美術館
でも土曜講座を申込していると、土曜講座参加日はそれに含まれないというのがありまして…。
それでも今回の会期中、いけるのは3回だけなので、ちょっと濃度高めな鑑賞をしてまいりました。
(年間費用お高めな賛助会だとこの回数制限がなくて、なおかつ図録いただけたり、内覧会があったり、特別な鑑賞イベントがあるらしいので、来年度はそちらに切り替えることも検討…。学芸員さんからコアなお話を聞ける機会も多いみたいですし…。すでに何名かの刀剣クラスタがこちらに入った模様…。)
賛助会 | 会員制度、活動支援基金 | 美術館について | 名古屋・徳川美術館

続きを読む

天正十八年国広銘の刀の、主に戦前における認知の話(刀剣プレゼン会資料再録)

みつ希さん主催の刀剣プレゼン会に参加してきました。
とうらぶクラスタが集まって、各自が刀や刀工などについて自分が調べたことを発表するという趣旨の集まりです。
f:id:waterseed-crown:20190730224051j:plain

感想なんかも書きたいんですが、まずは自分自身の発表資料と読み原稿だけ載せておきます。
スライド中の画像は、著作権保護期間満了したものを使用しています。
(スライドテンプレートはLibreOfficeのものです)
とうらぶクラスタだけの間でやったものであるため、若干ハイコンテキストな部分があります。

続きを読む

「琉球の美」と「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」

ちょっとばかり岡崎市まで行ってまいりました。
一つ目の目的地は「琉球の美」@岡崎市美術博物館
岡崎には市の名前を関した美術館が複数あって若干ややこしいのですが、今回向かったのは山の中にある、別名「マインドスケープミュージアム」というところです。
www.city.okazaki.lg.jp
美術館へのアクセスは、東岡崎駅から一時間に一本、バスが出ています。
終点「中央総合公園」の一つ手前のバス停「美術博物館」で降りるのですが…実は今回、うっかりと乗り過ごして終点まで。バスの運転手さんに「終点だよ」と言われて慌てる事態に。
まあ、広い施設の中で二か所バス停が設定してあるような状態だったので、十分徒歩圏内だったのですが。

外観は撮ってないんですが、メインパネルの横の光の入り方からだけでもおされ感わかってもらえるかと思います
f:id:waterseed-crown:20190707223447j:plain
今回の目玉の一つ、北谷菜切。
実際の拵は、この写真の数倍きらきらしていて素敵でした。
f:id:waterseed-crown:20190707223508j:plain
そして刀身そのものは、ちょっと不思議な見た目…
拵よりだいぶ小さいんですよ。で、切先は砥ぎ減っているのか、かなりの鋭角。
なかごも、一部朽ちてしまっているのか、目釘穴がなかごの輪郭部分とつながりCの字状態に。

刀以外では、小箱の類の細工が、どれも素敵でした。
一番インパクトがあったのは、図録の表紙デザインの元にもなった皿。
…普通のお皿をイメージしていたんですよ。
そうしたら、両手広げたサイズの巨大皿が…w
隣に通常サイズの皿もあったんですが…。

お昼は美術館のレストランでいただきました。
前菜とメインとドリンクで1300円前後なので、地方としてはお高め(ただしお値段なりの価値はある)なんですが、ものすごく混みます。
幸いにも早めの時間に行ったのでさっと入れたんですが、途中で見たら入り口が待っている人だらけに…。
f:id:waterseed-crown:20190707224918j:plain


そこからは、岡崎城に移動。
東岡崎行きのバスに乗って、「篭田公園前」で降りました。
…後から調べた感じ、もう一つ先の「康生町」まで行ってよかった感じだったのかな?
(バスの中で「ここで降りたらいけるんじゃない?」などとやっていたもので。

歩いていく途中に、うわさに聞いていた和泉屋さんを発見したので、おやつはそちらで。
御菓子司 和泉屋【公式】 (@izumiya_okazaki) | Twitter
くず餅バー、気になりつつも、ネットで買うには競争率高くてなかなか挑戦できなくて…。
冷たいけどかちこちではなく、さっぱりとした甘さでした。(レモンミルクをいただきました)
f:id:waterseed-crown:20190707225837j:plain

そして「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」@三河武士のやかた家康館
以前にも岡崎に来ていた展示なのですが、そのころはまだ刀そこまで興味なくて見てなかったんですよね。
f:id:waterseed-crown:20190707230356j:plain
全体になんというか…プロフェッショナルが真剣に・全力で遊んだ結果という印象です。
だって…頭おかしい(誉め言葉)

アスカの短刀とか、特に強烈だと思うんですよ。
f:id:waterseed-crown:20190707230925j:plain
6倍単眼鏡で撮影しました。8倍だと手ブレがだいぶひどくなっちゃったので。
見てください。この胸から太ももにかけてのフィギュアっぽい見事なライン。
f:id:waterseed-crown:20190707231002j:plain

私の好きなのはこれです。大切先大好き。一文字っぽい華やかな感じ大好き。
f:id:waterseed-crown:20190707231549j:plain
f:id:waterseed-crown:20190707231607j:plain

これは誰モデルかわかんなくなっちゃったんですが、この柄の貼り分けすごいなーなどと。
f:id:waterseed-crown:20190707231708j:plain

樹脂か何かなのかなーと思った拵が、ちゃんと木製だったりとか…。
f:id:waterseed-crown:20190707232536j:plain

ある程度鑑賞系詳しい方と行ったところ、マゴロクソード&ビゼンオサフネがちゃんとそれっぽいなどと言って笑っておりました。
(私は実はまだ、そこまでわからないのです。ごく一部の刀工の特徴は叩き込んだけどそんな程度で。)

天守に展示されていたロンギヌスの槍は絶句ものでしたね…
先だけなら別に驚かないの…そのねじねじ、現実に作れるのね…
f:id:waterseed-crown:20190707232226j:plain

そして隕鉄から鍛えたという文字を見て、某方を思い浮かべるなど…。
f:id:waterseed-crown:20190707232333j:plain

刀装具や刀身彫刻が作中モチーフだったり、どこまで伝統技術なのかわからない拵&ディスプレイ台があったりして、とても興味深かったです。
エヴァをさらっとでも見たことがあって刀剣興味ある人なら行って損はないはず。
(該当する方はもう行ってそうな気もしますが)


記事一覧(分類別) - とある歴クラ見習い審神者の備忘録

2019刀ネコ 刃物オフ@名古屋

刀剣ネットコミュニティ、通称刀ネコさんの刃物オフに参加してきました。
刀ネコ (@TouNeko2801) | Twitter
一言で言うと、日本刀を中心にしつつ、周辺分野まで取り扱う鑑賞オフ会です。
参加者のうち有志が持ってきてくれた品と、主催が用意してくれた品を鑑賞します。
今回は変わり種だと軍刀(登録証あり)がありましたし、先回参加したときにはナイフも出展されていました。募集要項を見ると古式銃もありらしいです。
もちろん、特に何ももっていなくても参加できます。
元年度 刀ネコ刃物オフ 名古屋 参加者募集 - 装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記
今回は名古屋での開催ですが、元々東京と大阪で定期的に開催されています。

このオフ会、刀を手にとって見たことがない方には全力でおすすめしたいんですよ。
参加必須の初心者講座がセットになっているので、前提知識ない状態からでも安心して参加できます。
「マナー」と呼ぶと堅苦しく聞こえますが、「鑑賞対象を損ねない」「自分や人を損ねない」ための、交通ルールと同じようなものです。
この会での講座では、なぜそうすべきなのか、なぜやってはいけないのかを理由付きで分かりやすく教えてもらえます。
そして実際に持つ前には、模擬刀での練習タイムもあります。

続きを読む

週刊日本刀1号をおすすめする

デアゴスティーニ分冊百科 週刊日本刀の第一号を買いました。

専門書と比べたら粗いです。でもこの本が競合するのは、これまで粗製本が乱造されてきた刀剣読み物系統かと思います。
それと比べたらまだ信頼度は高くて、刃文を浮かび上がらせた刀の精細な写真が収録されている。
今後も同程度のクオリティを保ってくれるのであれば、充分な価値だと思います。

続きを読む

徳美「山姥切≠本作長義!?」参加レポ

徳川美術館の講演イベント 「山姥切≠本作長義!?~徳川美術館が守り、伝えるもの~」5/3の部に参加してきました。
今回、大好評につき第二弾が開催されるため、5/11日まではネタバレ控えてねの告知がありました。
ということで今回の記事は予約投稿なんですが、うまくいくかな…?
(うっかり失敗してたらすぐ下げますのでご勘弁…)

続きを読む